うちにもリーマンショックの影響が来るとは・・・

約五年前、リーマンショックの煽りを受け、家計は苦しくなりました。給料の手取りが今と10万円も違ったのです。10万円も違えば、今までと同じ生活水準では当然やっていけません。

 

まず最も家計で支出の多い食費を見直しから始めました。食材は旦那さんの実家が野菜を作っていたので、毎週末貰いにいってましたね。そして、外食は減らし自炊を心掛けました。遊びに行く場所は家の近所の公園です。体を使って遊びました。

 

なるだけ旦那さんの給料の中でやりくりしたかったのです。貯金を切り崩すことなく。お米と野菜は実家に援助してもらい、肉や野菜はなるべく安いスーパーに行ったりセール品ばかり購入をしていました。たまには食べたいピザなどは、家で、作ることにしてなるべくストレスを溜めない生活を心掛けました。

 

ただどうしようもない、下の子のおしめにはお金がかかりましたね。布おむつにする勇気もなく。こればかりは、お金を使ってました。

 

あとの食費などは、出来るだけ手作りを心掛けました。旦那さんの昼食もリーマンショックを期にお弁当に切り替え、夕べのご飯を詰めてもたせるようにしました。

 

出来ることをやるようにして、なんとか乗りきることが出来ました。その経験が今でも生きています。お金がないならないなりにやれる、と聞いたことはありますが、頭を使えば本当に何となるものですね。