本当に貧乏神に取り憑かれたかと思うほど出費のラッシュ

介護難民と言う言葉を聞いた事がありますか?
家族に高齢者がいて その介護のために仕事を辞めた方や 時間を取られ仕事にも出られないなど…その結果、収入がなくなり介護難民の仲間入りと言うわけです。

 

かく言う私も、高齢者を4人見てきました。お小遣い程度のカルチャー教室の講師の仕事だけで、他に仕事を探すゆとりもありません。
2年程前に母が亡くなり、母の年金も無くなりました。

 

葬儀費用やお坊さんに支払うお布施など、まとまったお金が必要でした。これらは不足分をカードでとりあえずキャッシング。

 

葬儀、四十九日と何とか切り抜け、やれやれと思ったところに、今度は雪でカーポートが破損!降雪量が多く、これまでそんな事は聞いた事がありませんでしたが、雪の重さで車庫ごと車が潰れたニュースまでありました。うちは車が無事だっただけでも助かりましたが、カーポートはもうダメで新設するはめとなりました。

 

その費用たるや、驚きの金額。見積もり5社で最高は、殆ど100万円でした。幸い雪害の保険適用となり、実質的出費は15万円程で済みました。

 

これと同時に氷雪の影響で家の外壁修理も発生。壁の一部が剥がれて来てしまい、やらざるを得なくなりました。

 

参ったところへWindowsサポート終了でPCの買い替えです。仕事柄、スペックの高いものが必要で、ここにもまたお金です。本当にもぉ〜と頭を抱えてしまいましたが、これだけでは終わらず、突然 愛用の高性能プリンター君がプッツン! こちらも買い替えという結果になってしまいました。

 

どうしてこうも次々とお金がかかる事ばかり立て続けに起こるのでしょうか。

 

この冬は冬タイヤも古くなり、仕方なく新品を購入。タイヤの口径が大きいので軽く10万円は超える出費です。
もちろん消費税アップも厳しいです。 親や叔母達の世話、介護をするのは私一人しかおりません。これまでの数年間、散々 大変な思いをして来て、その上 こんな金銭的な苦境…よほどお金がなければやって行けません。固定資産税の支払いも苦しい状況です。 貧乏神に取り憑かれてしまったのか、お祓いでもしてもらおうかと思う今日この頃です。